AVはキスで始まり

FANZAのキス・接吻系AVのレビューが中心のブログです

どうして愛しのパイパンちゃんは嫌われてしまうのか

わかりません。全くわかりません。

もちろん、有毛な方を否定するつもりなど毛頭ございません。

私もたまに、ごくたーまに投稿するFANZAのレビューですが、パイパンちゃんに関して結構叩かれてしまっているんです。「残念」「もう買わない」「ガッカリした」等などパイパンちゃんに否定的なご意見も珍しくはない。

なぜだろうと私は考えました。

否定派は、もしかしたら実戦経験がないのか。下腹部をなでてザラっとする感触。ああ、これがなければどんなに良いことだろう。もちろんお願いは出来ません。お手入れが面倒そうだし。

どの程度のスピードで一度剃ったものが生えて来るのか、私にはわかりません。仮に男のヒゲみたいなものだと、かなりメンテが大変ですよね。しかも生え始めたらかなりチクチクしてしまうかもしれない。でもそんなことはないですよね。

口でスルときに男とは違って飛び出していないですから、やりにくいし、さらに毛があると・・・。

パイパン新人ちゃんのレビューに「プロっぽいからダメ」的なのがあったように記憶してますが、まあデビューした時点でプロだから。

愛しのパイパンちゃん。もちろん、お手入れも大変でしょうけど、そこに気を使ってこそのプロ!とはならないんでしょうか。残念なことです。

脇毛って非常に高い確率で剃りますよね。まあ脇毛と一緒にしちゃあいけませんけど、なぜ脇毛を剃るかというと、そうそう人目につくものでもないのに、身だしなみってことなんだと思います。見える見えないは関係なく!

となると、身だしなみの一環として、ほら。そうなるのも当然の帰結と言えなくもないか。

繰り返しになりますが、剛系の方を否定するつもりは毛頭ございません。古くは伝説の美人女優、横山美雪様が剛毛であらせられました。小島みなみ様や希島あいり様といった剛の方も大好きです。

要は、毛がある、無いも一つの個性。好き嫌いはあって当然ですが、そこだけでご判断いただくのは勘弁してほしいというところです。

関連記事
Last Modified :

Comments







非公開コメント