AVはキスで始まり

FANZAのベロキス系AVのレビューが中心です

SODというAVメーカー

と言えるほど、たくさん見ているわけでもないんですが、不思議なメーカーです。

専属の女優さんはすごい。特に小湊よつ葉さん、宮島めいさん、星乃莉子さんは可愛いだけじゃなく、アスリート並みの美ボディ。専属トレーナーでもついてんじゃないかってぐらい素晴らしい身体。さらに極めて良好な感度。

腰の辺りをビクビクさせ何度も激しい絶頂を見せて下さいます。よくぞここまで素晴らしい人材をと思うんです。

しかしながら、全体を見るとどうもちぐはぐというか、ジャンルが偏っているというか。

媚薬系多い

キメセク/媚薬系作品率がかなり高め。好きな人は好きなのかもしれないけど、あれってどうしても過剰演技になりがち。女優さんも集中できないんじゃないですかね。

「そろそろ、ここで白目出さなきゃ」とか「そろそろここで変顔しなきゃ」的な意識が働いてAVにおいて最も重要な性行為に集中できないのではないか?なんて思うんです。

AVは映像作品なんだからファンタジーであることは十分承知。例えば女優さんの精神的、肉体的な負担が減るのであれば全然オッケーです。大事なのは「それらしく見えれば良い」ってことだから。

あと、グループで言えば近親系も多い印象。あのな、教えておいてやるけど人間っていうのはそういう関係を本能的に避けるように出来てるの。それを題材にしちゃうってのは、どっか壊れてんじゃないの?とも思います。あれだけは気持ち悪くて見る気になれません。

だったら見なきゃいいだろうって話なんですけど、女優陣が極めて魅力的なだけに月に1回のリリースでそういう作品に万が一にもあたってしまった場合のガッカリ感が半端ないわけです。まあ、別に次まで待てばいいんだけど。

あと、SOD starとは関係ないけど、デビュー作のフォーマットとして一番優れている(と私が思う)キミホレ はどうしたの?最近出てないようだけど、監督がつまらんでっちあげインタビューででしゃばることもなく、女優の自撮りがすごく可愛かったのに、最近出てない。

なにもキメセクだの媚薬だの、いらん設定に頼ることなく、ナチュラルに迎える絶頂こそが最高なんだから!と強く思います。

そしてSODにはそういう素晴らしい人材がいる。下記はいらんことしなくても体をビクビクさせ何度も絶頂を見せてくれる作品のごくごく一部。ちゃんと自分で見て、記事も書き、左の2つに関してはレビューも投稿しているので間違いありません。

関連記事
Last Modified :

Comments







非公開コメント