AVはキスで始まり

FANZAのキス・接吻系AVのレビューが中心のブログです

AVという矛盾

カメラの前でキレイで可愛い女優さんがハメる。

まったくもってAVとは素晴らしいものです。

しかしながら実はこれが諸刃の剣とでもいいましょうか。SEXは一人ではできませんので、どうしても相手をする男優が必要です。

それで、この男優(たいていはおっさん)の決してキレイとは言えない裸も見ることになります。けっつ、あるいは唾液や精子。モザイクはあっても股間。

金払っておっさんの裸なんて見るようなものなのか?

なんつー矛盾をAVは抱えているわけです。

例えば!この作品。

こんなもん、金返せ(月額で見てるけど)レベル。

現役で最高に可愛い二宮ひかりに、キモ男優をあてがうってどういう神経してんだよ!

大嫌いな気持ちワルい男優の裸。だらしなく突き出た腹、たるんだけっつ。下手すりゃ唾液。ホンモノかどうかはともかく精子。体位によってはけっつの穴まで!

おいおいおい!勘弁してくれよってなります。まったく。

しかし何もこれだけじゃあない。

アイポケ(というよりAV女優)屈指の逸材、加美杏奈のデビュー作なんて最後のハメ撮りは薄汚いヒゲを生やした顔ボカシのゲロキモ爆キモ反吐キモ男優があてがわれてたし。

悪ノリした薄汚いヒゲを生やした顔ボカシのゲロキモ爆キモ反吐キモのカメラマンだかスタッフだか監督だかわからんけど吉良りんにハメちゃうという愚行。

美巨乳と感度最高の葵いぶきの相手がうすら汚いヒゲの入れ墨男だったりとか。

視聴者のことなど、全く頭にない、ただただ思いつきの暴挙にはあいた口がふさがりません。

だから気持ちワルいもの見せんなって

こういうモノが商品として成り立ってしまうことがAVの問題だと思うんです。

あげくの果てにはのっけから監督のたるんだ腹と汚いけっつで始まるAVもあったりして。

面白いと思っているのかもしれませんが、単なるひとりよがりですべりまくり。女優より目立ってどうすんだよ!女優のデビュー作なのに、監督のすべりまくり自己アピールが目立ってしまうモノはとっとと淘汰されてほしいものです。

関連記事
Last Modified :

Comments







非公開コメント