AVはキスで始まり

FANZAのキス・接吻系AVのレビューが中心のブログです

AVエログ管理人、同人「夏のオトシゴ」に屈する

絵がキレイなのでついクリックしてしまった。同人とは知らずに、エロ漫画かなーって。まあ確かにエロ漫画ではありますが。

この正体は432円の同人。

夏のオトシゴ

白黒です(表紙はカラー)。しかし、なぜかコレがオールカラーのAVに見慣れた目には新鮮。表紙を除いて31ページですから、あっという間に読み終わるんですが、かなり効きます。

清楚に可愛い主人公

この同人の魅力は何と言っても、主人公の一ノ瀬さんが可愛いこと。で、この可愛い一ノ瀬さんがハメられてしまう!というところで、立たずにはおられません。

ボーイフレンドの山岡くんと、童貞と処女の初体験を経験し、幸せいっぱいの一ノ瀬さん。でもある日、コンドーさん入りの化粧ポーチを落としてしまいます。それを届けてくれた親切な男、藤池は、コンドームを発見してしまい「一ノ瀬さん、これ何?」と。

あとはもう、「この事を黙っててほしければ・・・」というエロの王道。

藤池は、童貞を卒業したばかりの山岡くんとは違い、テクニシャン。このテクニックに清楚で可愛い一ノ瀬さんが、気持ちは無反応を装うものの、身体は反応して、メロメロにされてしまい、中出しまで受け入れてしまうというストーリー。

まあ、一ノ瀬さんも嫌だという割には早くもディープキスに反応。気持ちとはうらはらに、身体はもうヤル気満々のようです。

この人、彼氏以外のモノを見せられては「山岡くんのとは形も大きさも全然違う・・・(心の声)

ハメられては「お腹の中がおしつぶされてる」。

バックでハメられては「私、こんなはしたない格好で・・・

藤池のピストンにビチャビチャに濡らしながらも「すぐに・・抜いてくださいっ

などなど、いちいちお茶目な反応がおかしい。

中出しされても藤池とキスをしてしまうという、もうすっかり藤池の虜になってしまった模様。


同人はおろかエロ漫画にすらそそられない私が、結構楽しませてもらいました。

24時間:1位 週間:1位 月間:1位 トータル販売数 123,619

上がこの夏のオトシゴのデータ。ハンパないですね。

432円で1色ですから、過度な期待は禁物ですが、何しろハメられている一ノ瀬さんが可愛い。もし次回があれば間違いなく買う。

さて、432円という価格は、例えばジャンプコミックスと同じ。ジャンルは全然違うけど。もしこれの続編が出て、ジャンプコミックスとどちらか好きな方を選べ!と言われれば、こっちを選んでしまいそう。

夏のオトシゴ

関連記事
Last Modified :

Comments







非公開コメント