AVはキスで始まり

FANZAのベロキス系AVのレビューが中心です

モザイクが良好な美人女優のベロキスAV

初川みなみのベロキスAVを見てみました。今の初川みなみもイイですが、この頃は今ほどは洗練されていなくて、そこがまた新鮮でありました。

2014年リリースなので、モザイクは比較的良好。2019年に咲乃小春版が出ていますが、モザイクに関しては全く比べ物になりません。モノすごくいいというほどでもありませんが、「そこそこ」良いです。今のモザイクに慣れてしまった目には「おっ」ぐらいの感じ。


舌と唇で感じあう 濃密ベロキスづくし 初川みなみ

タイトル:舌と唇で感じあう 濃密ベロキスづくし 初川みなみ
視聴サイト:FANZA月額 MOODYZ ch(115分)

全体 ★★★★
キス ★★★★


ムーディーズ版「濃厚な接吻とSEX」

内容はアイポケの「濃厚な接吻とSEX」とほぼ同じ構成。アイポケのはまだ続いていますが(90タイトル)、ムーディーズは2019年以来、新作が出ていません(12タイトル)。

監督はcobo氏。ベロキス系AVやデビュー系AVにしゃしゃり出て来たがる某と違い、くだらないことをぐだぐだとしゃべらないのがナイス!二宮ひかりもこの人が撮れば良かった。インタビューは字幕です。エロさとは無関係の無駄に凝った映像もありません。

流れは、1対1→アクリル板→フェラ抜き→1対1という構成。これ、いつも思うんですがアクリル板とか、フェラ抜きって需要あるんでしょうかね?あるからやってるのか、それとも決まり事だからやってるのか。ま、正直言ってここはいりません。キスがないAVは雑魚ですが、それもカラミあってのキスですから。

初川みなみ

最も良い1対1

1回目は吉村相手にベッドで。清楚なワンピースが可愛いんですが、反応というか吉村とのやりともいちいち可愛い。男優はなぜかスーツ。この可愛いやりとりは大事でして、これがあればこそ責められて喘ぐ表情のギャップがたまらんのです。

当然のようにキスで始まり、クンニで責められ、フェラ。その後も執拗に69のクンニで責められると、デカい声で喘ぎます。挿入時の反応もナイスですが、ちゃんと脱がせ!パンツずらし挿入は好かん。

体位を変えて突かれますが、もうちょっと挿入中のキスが欲しい。挿入中も常にキスしていてほしい。

アクリル板

透明なディルドをしゃぶった後はアクリル板にキス。キスしながらローターオナニー。いるかいらないかと言えばこれはイラナイ。キスとはあくまでも対人用のプレイである。

フェラ抜き

これもよくあるやつ。目隠しして寝そべった男にキス・・・はいいとして、手前に珍棒。なんかおかしくねーですか、このアングル。手前に珍棒があって奥に目隠し男とキスを交わす初川みなみって。すぐ改善されますけど。フェラからの手コキで発射させます。

1対1

最後に1対1があります。ソファーを使ったカラミは体位が頻繁に変わるので忙しない印象を受けてしまう。しかし背面騎乗位でイカされて、ちん棒が抜ける瞬間はモザイクにちょっとビビった。キスは全般的に1回目に比べると足りません。最後になってベッドに移動して口に出されておそうじ。

関連記事
[Tag] * キス・接吻
Last Modified :

Comments







非公開コメント