PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヤラれる美人妻が超ド級にエロいAV

三浦あいかと再婚相手の連れ子(山田万次郎)との禁断の関係を描いたAV。ありがちな内容ではありますが、何と言っても女優のヤラれっぷりがお見事。

カラミは3回ですが、強引にヤラれてしまう最初の2回がビンビン過ぎました。「イヤ!」と拒否しつつ「イク!」これがたまりません。激しく喘ぎっぱなしですが、わざとらしさはなく、これが素晴らしいエロさ。挿入されただけで身体をビクビクさせてます。

女優は、端正な美人。マドンナなので熟女カテゴリですが、タレパイでも、樽でもなく、スレンダーでキレイなボディ。喘ぎと感じ方が爆エロでした。パケはイマイチ。こんなオバさん感はありません。ただしキスは少ないのが残念。


タイトル:美義母 あいか 三浦あいか
配信サイト:FANZA月額 ドリームチャンネル(マドンナ 115分)

全体 ★★★★★
キス ★★★


イヤ!→イク! 1回目

万次郎の部屋を掃除中に、ベッドの下から出て来た自分の下着を発見してしまうあやか。突然現れた万次郎に抱きしめられ抵抗はするものの、ベッドに押し倒され、胸を揉まれ、乳首を吸われてしまう。スカートとパンツを脱がされて指で開かれた後はクンニ。

「やめて!」とは言うが荒くなる息づかい。指を入れられてのけ反って感じてます。「動かしちゃダメ!」しかし激しく喘ぎ、愛撫もそこそこに正常位で挿入されそうになるが、「舐めてくれたら入れない」という条件でフェラ。

手と口を駆使するもイカせることは出来ず、ますます暴走する万次郎に正常位で挿入されます。入って来るとのけ反り、激しい喘ぎにビンビン。口では拒否するものの、反応してしまうのが爆エロ。

バックで挿入され、身体がビクン。ピストンされ「イヤ!」とは言うが激しい喘ぎがナイス。寝バックの後は正常位。激しく突かれ「イヤ!」しかし「イク!」頭を左右に振りながら激しく喘ぐのがよいです!激しく突かれ、最後は口元に発射。

光が当たり過ぎて顔が白く飛び気味にもなりますが、このエロさでチャラ。

三浦あいか 三浦あいか 三浦あいか

頭では拒否しても感じてイカされる3p

先日の出来事を友人2人(橋本+中野)に教えてしまった万次郎。その友人2人に万次郎の部屋でヤラれてしまいます。男2人に身体をまさぐられ、キス。拒否するがベッドの上で押さえつけられ、乳首を吸われてしまう。

四つん這いにされ、パンツの上からまさぐられパンツ食い込み。まんぐりでパンツの上から指でぐりぐりされ、荒くなる息づかい。

パンツを脱がされて、指で開かれ、指を入れられて身体くねらせて感じてしまう。ここが実にセクシー!「イヤ!」と言いつつも指入れでビチャビチャ音を立て、感じてしまう。四つん這いクンニで喘ぎながらのフェラ。指を出し入れされ、身体をビクビク

2本を交互にフェラした後は、バックで挿入されビクンビクン。バックで突かれながらフェラ、キス。激しく突かれ「イヤ!」「イク!」体位を変えて激しく突かれ「やめて!お願い!」しかし絶頂。

フェラをしながら騎乗位。下から突き上げられ「ダメ!ダメ!」立ちバックでも突かれ、激しく喘ぎ、正常位のヤラれっぷりもお見事。イヤ!イク!がたまりません。

正常位で口に発射され、おそうじ拒否中にもう一人が挿入。この入れられる時の反応がスゴい。ひたすら突かれ、頭を左右に振り、激しく喘ぐシーンにフル勃起。口元に出されて申し訳程度のおそうじ。

「また遊びに来ますから」と言い残し去る2人組。声を荒げるような阿保なシーンはなく、常に敬語でした。

三浦あいか 三浦あいか 三浦あいか

1対1

万次郎と二人。「シタいだけなんでしょう?」「そんなことはない好きなんだ」「これで最後だよ」「わかった約束する」

キスを交わしたあと、胸を愛撫され乳首を吸われ声が出ます。再びキスを交わし(まったく足らん!)パンツに手を突っ込まれて悩ましい吐息。クンニで喘ぎ、フェラ、69の後、キスを交わしながらの手マンでビチャビチャ音を立てて、ソファーの上で正常位で挿入。

入れられる時の反応は抜群過ぎる!正常位、バック。騎乗位ではグラインドがエロい。最後は正常位で突かれ口元に発射。おそうじ。

反応はいいんですが、最初の2回がスゴかったので、なぜか最後のカラミが箸休め的になってしまった。

これで最後と、お互いに合意したにもかかわらず、まだ関係は続くことを示唆するシーンで終了。

関連記事

| ドリームchのレビュー | 01時38分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://av-kiss.com/tb.php/2247-4025d91e

PREV | PAGE-SELECT | NEXT