PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

水原乃亜さん、ヤラれてしまう

水原乃亜が読者モデルの役柄で3人にハメ倒されてしまうAV。まだこのオワコン路線が続くんだという驚きとともに、ひとまず視聴。他の方がどういう印象を持つのかはわかりませんが、私にはAV悪のセットがそろい踏みのシリーズ。

●男優顔モザイク。しかも常にヘラヘラ。誰かわかるし。
●固定カメラとハメ撮りの切り替わり。ヘタ
男がワイワイガヤガヤ、ギャースカうるさい

というシリーズだったんですが、今回から男がギャースカ騒ぐのはなくなりました

男優は横山は変わらず、今までいた巨漢が抜けてここに田中。途中から廣田が参加。


タイトル:■■計画 読者モデル編 水原乃亜
配信サイト:FANZA月額 プレイガールch(アタッカーズ 130分)

全体 ★★★
キス 


女優の熱演は凄いけど

女優は素晴らしい熱演をされています。途中から反応がなくなるシーンもありますが、終始嫌がり、時には絶叫までするので、「お気の毒」「いや、何もそこまでは」「せめて外に出そうや」というお気の毒感が終始漂います。後半にあからさまな快楽墮ちでもあればまた別ですが、最後までそうはなりません。これはシリーズ共通。

嫌がりながらも乳首は勃起。手マンで潮吹き、指入れでビチャビチャに濡らし、何度か身体をビクビクさせるシーンは興奮ポイントではありますが、どっかで墮ちてほしいなとは思いました。つまり

お気の毒感>興奮というところです。

水原乃亜は美人で、スレンダーで素晴らしいボディ。男どもがハメ倒しながら「めっちゃ気持ちいい」と何度か言うシーンがありますが、「そうかもしれない」と妙に納得してしまう。スレンダーボディ=締まりが良いというイメージがあるので。

男が大声で恫喝したり、粗暴な態度に出たりというのは殆ど見られず、途中で飲みものを飲ませたり、食事を用意して選ばせたりというのはシリーズ異例であり、悪くはないんですけどね。

ちょっと弱気キャラの田中なんかフェラしてもらうのに「お願い聞いてくれる?」ですから。

それとやはり、カメラはダメ。パンツを脱がせて指入れ・・・途端に一番遠い固定に切り替わるという謎の嫌がらせアングルが何度かあります。

水原乃亜 水原乃亜 水原乃亜

連続中出し

2人組の部屋に運び込まれた水原乃亜。カメラ遠いんですけど・・・横山主導で田中は加担させられた感じでビビリ気味。手首足首を拘束したあとしばらく放置。

ハメ撮りカメラに切り替わるとメガネでした。似合ってます。しかしほどなくメガネを外してしまう横山。テメーは退場だ!服をたくし上げると清楚な白いブラジャー。ズラして乳首いじり。女優さんは見事な熱演されてます。フェラは断固拒否!

四つん這いにしてジーンズを下げてパンツの上から指をはわせたあとは、ソファーの上で後ろから抱きかかえられてM字開脚。パンツを脱がされて、乳首をいじられながら指を入れられてしまう。(ハメ撮りの近接した画像と、遥か彼方のとおーいカメラにに切り替わる謎の嫌がらせアングル)

田中クンニ中に横山がフェラさせようとするが当然拒否!四つん這いのまま指入れ。執拗な指入れで引き抜いた指はビショ濡れです。その後、ソファーの上で正常位で挿入。ビビってた田中も交代でピストン。横山が正常位で中出ししたあと、田中は立ちバックでヤダーと絶叫する乃亜ちゃんに中出し。

男「気持ちよかった?」ウンっていうとでも思ってんのかね。乃亜ちゃんは首を横に振ります。


今出したばかりなのにベッドに移動し、側位で挿入。着衣は変わらずですが、ここでも女優は熱演されてます。その後バックに変わりますが、ボケたりブレたりでイマイチ。正常位→座位→正常位でヤダー!と絶叫する乃亜ちゃんに中出し。続く田中の正常位はアングルが悪い上に、遠い固定に切り替わったり、阿呆過ぎ。

終わった後、座る2人を固定が正面から写しますが、珍棒出したまま・・・何これ?いらねーよ!こんなものは。女優が写ってないんだからそんなもん、さっさとしまえ!

男が増える

全裸で手首拘束。「またヤルの?」と廣田があきれながら、横山が正常位で挿入。男(廣田)が増える。

しばし男同士のしょーもない会話。

廣田が正常位で挿入後、遠いカメラでバック。手前で男どもがタバコ吸ったり、飲み物飲んだり。そのまま中出し。

田中がフェラさせようとするが拒否。「下のお口ならいいの?」これも拒否!結局遠いカメラで正常位。その後寝バック中にピストンされる乃亜ちゃんにジュースを飲ませる謎のシーンあり。

水原乃亜 水原乃亜 水原乃亜

シャワー

田中が乃亜ちゃんをシャワーで洗います。「別にさ、傷つけたりとかさそういうことをしたいわけじゃないんだ」。3人で何発も中出ししておいてまったく説得力がない。

お尻を突き出させたりはするが、あくまでもシャワーの流れで、エッチシーンはなし。「僕だってさ、こういうことしなくないしさ、無理矢理とかイヤなんだよね」何だコレ?

なんか妙に納得してしまう乃亜ちゃんですが、この後このAV最大の突っ込みどころあり。


グダグタ。食事を用意して好きな方を選ばせる。ほとんど手をつけないけど。


カメラに向かって立ちバック。ほとんど反応なし。


連続顔射(口元)

男3人、ベッドの上で乳首をいじられ、手マンで潮吹きのあと、電マ。突然遠くなるのはやめてほしい。まんぐりでバイブを出し入れされビクビクさせて感じてしまう。さらに四つん這いバイブで出し入れされパンツで固定されフェラ。

フェラ中にバイブを抜いてバック挿入。背面騎乗位でビクンビクン。立ちバック、騎乗位中出し。

その後正常位で中出し、立ちバックでビクンビクン。ソファーの上で正常位中出し。

ベッドの上で正常位、キスも受け入れ。次々に顔射。まだまだ続く事を示唆するシーンで終了。


他に「絶対」とか「完全」とかタイトルこそ違えど、中身は同じシリーズがあります。枢木あおい高杉麻里といった女優を使ってもイマイチ感が否めないシリーズですが、粗暴でニヤけた態度がない(ゼロではない)のと、大声で恫喝したり、ウザい命令口調がなくなったので大分印象が変わりました。

ただし、見たいのは、顔モザイクのドキュメンタリー風のリアリティじゃなくて、本気で感じてるシーンなんですよね。それはイチャラブでもこの手のAVでも変わりません。

ようは「エンターテイメント」として楽しみたいわけです。AVだろうがドラマだろうが映画だろうが、大雑把に言ってしまえば、映像作品なんて全部作り物。中出しなんて本当にやらなくても、それらしく見えればいいわけで。

嫌がるリアリティは確かに興奮させはしますが、終始そればかりだとやっぱり「お気の毒感」が勝ってしまう。だからそこのリアリティは重要ではありません。安易な快楽墮ちもどうかとは思いますが、リアリティは「感じ方」であってほしいものです。

いや、まあ立っちゃったので説得力ゼロなんですけどね。

関連記事

| プレイガールchのレビュー | 21時46分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://av-kiss.com/tb.php/2145-e777ddaf

PREV | PAGE-SELECT | NEXT