AVはキスで始まり

FANZAのベロキス系AVのレビューが中心です

モザイクが優秀過ぎてほぼ見えちゃってるAVの感想

あいかわ優衣のアナル解禁AV、解禁アナル・FUCK あいかわ優衣(ドグマ/プレイガールch)の感想です。

プレイはハード、モザイクはユルい。という理想的なAVと言えましょう。ドグマだからモザイクがユルいということはなく、このシリーズのベスト版も見てみましたが、ユルモザイクはこの作品が突出してました。

★★★★

見えてます

女優はかなりの美人です。冒頭のインタビューよりもプレイ中の顔が本当にキレイです。こんな美人がアナルを責められたあげくにぶっ込まれてしまう!これだけでビンビンなんですが、モザイクが優秀でかなりクッキリとディティールが見えてます。拍手!素晴らしい!

テーマのアナル解禁よりも目は釘付け。これだけイイと、どっちに入っているのかがすぐわかる。当たり前っちゃあ当たり前かもしれませんが、モザイクがデカ過ぎて、どっちに入ってるのかよくわからんアナルAVだってある昨今ですから。

ただし注意事項あり

アナルとは言っても、汚いシーンはありませんので、その点は鋼のちんこにガラスのハートの漢でも大丈夫。問題はイラマ。
ハードにヤッていただくのは、大変に結構なんですが、2回目のイラマで少量ですがもどしてます。何もここまでというのはあるんですねえ。ヨダレだらだらの乳首いじりイラマで十分過ぎるぐらい抜けるのに。1回目にもその疑いがありますが、ズバリのシーンはありません。

1 アナルから1対1 パンツを脱がされればディティールがかなりくっきりです。クローズアップになると無理がありますけど、昨今のデカモザイクに慣れた目には感動的。

美しい顔が見える状態で、クンニから指入れ、アナル指入れと。アナルとWローターにクリちゃん電マ責め。

アナルを玩具でピストンされ、濡らしながら喘ぐ美人女優。しっかりと確認できるのは、ゆるモザイクのおかげです。

四つん這いでアナルローターを入れられてのイラマからのバック挿入。ずっぽりと飲み込んでいるのがわかるのはイイもんです!

2 アナル責め 1回目よりもさらにハードなアナル責め。のっけからのローションやめろ!そんなことしたら濡れたのか何なのか、まったくわかんないじゃないか!と思うんですけど。

終始四つん這いで、二穴を指ピストンされたり同時に玩具ぶっこまれたりしてます。

3 アナル入れ解禁 イラマで始まるのはいいとして、注意事項は先ほど申し述べた通りです。そこを除けば興奮度の高いカラミを見せてくれます。

騎乗位で挿入すれば、自らクリちゃんをさすりながらのグラインド騎乗位。ほどよくピストンしたあとアナルにぶっ込むシーンでは、愛しのまんちゃんがかなりクッキリ見えてます。

ピストンクローズアップではさすがにモザイクもキツめ。しかし、解禁とは思えないほどハードにピストンされてます。

バック出し入れ、クッキリ。身体を密着させての騎乗位ピストンから二穴をやろうとして断念。こんだけエロけりゃあヨシとします、

ピストンからの口元発射後のおそうじ中にもう一人が間髪いれずにアナルピストン。最後はアナル中出し。ピストン中の恍惚とした表情が実にエロくていい女優さんでした。


これだけの美人女優ですから、何もここまでしなくても、もっとこの抜群のルックスを活かすような例えば濃厚キス系とかで見たいんですけどそんな作品には出演していないのが残念。「ハードさこそが心情」なんでしょうか(2015年引退)。噴射しちゃったりとか見たくないもんなあ。

同じドグマなら愛花沙也のこの作品なんか可愛さとハードさのバランスが良くとれたいい作品なんですけどね。

ここまでハードじゃなくても、昨今の巨大モザイクに辟易している兄は、こちらの記事も参考になさってください。
モザイクがヤバめのAV 4作品

関連記事
Last Modified :

Comments







非公開コメント